ホーム > 勉強会目次 > 勉強会NO7
 
 
 『折伏成就の為に』より抜粋
折伏に挑む姿勢として、自分自身が心掛けるポイント


 折伏に挑む姿勢として、自分自身が心掛ける五つのポイントと、相手に対して配慮すべき五つのポイントに分けて、ご説明したいと思います。.

 ある本には、日本人はお盆やお彼岸などに参加するが一方では「無宗教です」と答えて、あまり宗教と近づきすぎなることなく、適当な距離を置くのが日本人流の安心感である、と書かれていました。
 このように仏法に関心のない人ばかりですから、いくら「仏様がね」と話を切り出しても、話を聞いてくれる人はいません。
 では、何を信じるかのかといえば、それは、話す人次第です。話をする私たちの人格が相手を説得するのであり、「なんとしても折伏を成就するんだ」という覚悟が相手の心をこちらへ引き込むのです。もとより信心の信という字は人の言葉と書きます。必ず人の言葉によって信心を発すのですから、私たち自身が相手に対して「この人の言うことなら間違いない」と思わせるようでなければならないと思います。
 そこで折伏に挑む姿勢として、自分自身が心掛ける五つのポイントと、相手に対して配慮すべき五つのポイントに分けて、ご説明したいと思います。




 
自分自身が持つべき五つの心構え


一、「折伏させていただきたい」という一念こそ大切
 「折伏をしなくてはいけない」時には自分を追い込むことも大切かもしれないが、やはり本当の折伏とは「折伏させていただきたい」という気持ちが自然と起こってくる。
 すなわち折伏は歓喜でするものです。義務感で折伏をしていたら、なんの説得力もありません。
「この信心は素晴らしい。この喜びを他の人にも与えたい。」という歓喜で折伏すべきです。
 他人から押しつけられた「すべき」ことではなく、自分が「したい」と思って行動することが大切です。「南無妙法蓮華経と唱ふるより外の遊楽なきなり」(御書九九一頁)という大聖人様の御指南をかみしめて、お題目を唱えることこそ最高の楽しみであり、喜びであるということを心から感じて実践しましょう。


二、失敗こそ成功のカギ
 折伏をするときには失敗を恐れてはいけません。真実の宗教を知らない相手の方が信じなくて当然のことを話すのですから、むしろ信じてもらえないことの方が多いのです。
 また、折伏を成就した人は、皆苦い経験もたくさんしています。
 アメリカの大リーグで神様と謳われたベーブルースはホームランの記録を残しましたが、その一方で三振の大記録も作りました。なぜならベーブルースは振らなければ球は当たらないと知っていたからです。最初から振らないのでは、球は飛びません。ですから失敗を恐れる必要などありません。
 どんどん折伏をして、そして失敗を重ねることによって次に成功する確率を高めるのです。いわば折伏の成功は失敗から学んだ結果から生まれるのです。常に失敗こそ成功のカギと心掛けていきましょう。


三、すぐやる・できるまでやる・必ずやる
 以前新聞にある子供が作った川柳が掲載されていました。それは「絶対にない お父さんの言う またあとで」というものでした。「また今度」などという悠長な気分でいたら、折伏は成就しません。
 特に会う約束を取り付ける時などは「今から、どうですか」と言うことが大切です。とにかく思いついたら即実行する。それで駄目なら、すぐに次の手を打つ。そして絶対にあきらめないこと。
 「また今度」などと言っていると、相手も大した用事ではないと思ってしまいますし、寸善尺魔というように、油断していればたちまち魔が付け入ります。
 ですから「後で」と先送りするのを今日からやめて、折伏だけは「次はない」と心掛けて、常に「すぐやる・できるまでやる・必ずやる」という心構えを持つようにしましょう。


四、誠実をモットーに
 折伏において一番大切なのはなんと言っても信用です。いくら法が正しくても、話す人に信用がなければ、相手方は信心の話など聞いてはくれません。常日頃、誰に対しても誠実な態度でいようと、心掛けるということが大切です。
 先々月の御講で○○寺の信徒の方が、お付き合いしている方を入信させたいということを願い出てきました。前々から事情も解っており、すでに成人していることもあって、家族へ了解をとるように勧めることをうっかり忘れていました。
 ところが御授戒の当日、その方が「相手のご両親に了解を戴いてきました」といわれ、しまったと思いつつも「よくご了解いただけましたね」と尋ねると、ごく普通に、我が家は日蓮正宗ですので、御授戒を受けなければならないことを話したら、相手のご両親が即答で、ただ一言「あなたの言うことなら間違いがない。こちらこそ、宜しくお願いします」と言ってくれたとのことでした。
 普段の誠実さが何より説得力があります。いつ、身の回りの誰に、入信の縁があるかわかりません。その時になって、突然誠実にしても遅いのです。ですから、地域においても職場にあっても、常に誠実をモットーに心掛けていきましょう。


五、唱題と折伏は一対
 唱題をして祈るばかりでは相手を救えません。また折伏しても唱題をしていないのでは、相手に正しく伝わりません。当たり前に唱題し、当たり前に折伏するというのが理想です。
 また、毎日唱題する時間を作ることに追われているようでは、折伏は成就しません。唱題をして尚時間にも心にもゆとりがあるという境界だからこそ、相手の心を引きつけることができるのです。今、皆さんは日々の唱題行に取り組んでいらっしゃると思いますが、もし唱題のための唱題になっているとしたら、これからは唱題と折伏は一対である、どちらが欠けてもいけないのだ、と心掛けるようにしましょう。
 以上、自分自身が心掛けるべき五つのポイントです。

  [TOP



勉強会目次へ