ホーム  > 勉強会目次 > 勉強会NO4
 
 
 完器講と創価学会
【共に大聖人直結を標榜する異流儀集団】 


 完器講(かんきこう)は、もとは堅樹派(けんじゅは)といって、堅樹日好という人が、江戸時代後期の明和九年(一七七二)に日蓮宗一致派日朗門系から大石寺に帰伏しましたが、まもなく大石寺批判を重ねるようになり、離反して異流儀を唱えはじめました。
 日好は「大石寺は折伏をせずして、自行の研鑽に明け暮れているので法水が濁っている」と、そして四箇(しか)の格言を徹底的に主張することが大事だなどといい、「四箇の格言を妙法と一緒に唱えることが大事である」と一方的に相手かまわず強弁し、納得させるどころか自己の強弁に、自分が陶酔してしまって、「我こそ大聖人・日興上人の正統である」と自讃し、本門戒壇の大御本尊、並びに唯授一人の血脈を否定し、「御本尊は折伏を行ずる者の胸中にある」という宗祖直結・御本尊直結の「己心本尊説」を立てて、必然的かつ宿命的な異流義を創出したのです。 しかし、このような布教が明和七年(一七七〇)、「自讃毀他の説法御停止」の法令に反したため、幕府の取り締まりの対象となり、主導者であった日好は投獄されたうえ、はじめは三宅島に流され、次いで利島に流されて在島三十八年の後、文化九年(一八一二)に罪人のまま、七十四歳で没しました。
 大石寺は、かかる当時の幕政下で、非妥協的な形式論を捨てて、令法久住を第一義として、本門戒壇の大御本尊と、その御内証である宗祖以来の唯授一人の血脈を厳護することが、大聖人の正嫡の教団たる本筋であるという精神に立ったのです。
 さてその後、堅樹日好の邪義は、門下の臨導日報が受け継いで、完器講として勢力を広げていましたが、相も変らず大石寺を誹謗し続けたため、第五十二世日霑上人は「異流義摧破(さいは)抄」を著して破折されました。
 しかし、自説に固執する日報が「聖語明鏡顕魔論」をもって反抗してきたため、日霑上人は「叱狗抄(しっくしょう)」を送って再度強く破折されました。
 日報は、その後も大石寺を誹謗し続け、臨終には悪相を現じて非業の最期を遂げています。


 その様相は「妙壽日成貴尼伝」につぎのように記載されています。

 「明治五年八月一日より、臨導日報は大病にかかった。そして翌明治六年六月二十日に死去した。日報の臨終までのその容態は、さながら三悪道の実現であった。まず言語が自由に話せない。
耳の端が動くという犬猫のような畜生道を示した。
次に食べ物が自由に通らなくなった。
大小便が一切不通になるという餓鬼道を現じた。
それらの苦しみから出る脂汗は、頭からお湯を注いだように垂れ、またその頭上からは火炎のような煙が昇る。
まさに地獄にあって苦しむ相であった。」


 この日報の臨終の姿を、看病に当たった、佐野広謙(妙寿日成尼)と富士本智境(日奘)という、二人の弟子が見ていたのです。

 この師匠である日報の臨終の相が、常軌を逸脱するほど異常あったという現実を目の当たりにし、どう考えてもこれは大聖人が仰せの謗法の悪相である。これは常に富士大石寺に敵対することのみを目的にした仏罰ではないかという結論に及びました。
 二人は、師匠の命あるうちに諫めることこそ報恩の道と心得、枕元で「我等は師の教えに背いて大石寺正義・当寺(雙林寺)邪義と決定しました。この上は両人(妙寿尼・智境)とも大石寺に帰伏することがかえって謗法罪を救うことと信じます。」と熱涙をふるって最後の引導を申し上げました。
 すると、日報はさも嬉しげに合掌して苦悩の相が消え、瞬時に安泰の仏相を現して眠るように命終したのです。
 この体験から、妙寿尼はついにそれまで感じていた、その信仰に決定的な疑問に対して、日報死後、大石寺へ回帰しようと決意されたのです。


 明治八年(一八七五)に日霑(にちでん)上人のもとに帰依した佐野広謙(妙寿日成尼)・富士本智境(日奘)の二人が折伏を推し進めたことにより、感化されていた人々も、徐々に大石寺に帰伏するようになりました。

 このようにして完器講(堅樹派)は、堅樹日好から百数十年を経た明治中頃に消滅しました。


 日蓮大聖人の仏法から逸脱し、邪義を立てる教団は、必ず同じ謗法を侵し、文証・理証を示すこともできない異流儀を主張しています。

その曰く
「大石寺は大聖人の正統ではあるが、折伏をしないから法水が濁っている」
「我こそ大聖人・日興上人の正統である」
「御本尊は折伏を行ずる者の胸中にある」
と異口同音に主張し、
『自己を日蓮大聖人に匹敵させるのみならず、さらには大聖人を超克しようとし、荒唐無稽な新義を創出して人々を惑わし、また本尊まがいのものを書いて授与し、多額の金銭を貪り取るなどの悪行を重ね』ています。
 この全ての間違いが思い上がり、増上慢から発しているのです。
 本門戒壇の大御本尊様を否定し、唯我与我の御法主上人猊下の御内証を日蓮大聖人と拝することが出来なくなり、総本山富士大石寺から離れてしまう。
 そしてその最期は悲惨な現証によって、哀れな姿を現じているという全く同じパターン。
この完器講の例は、まだ百数十年前の出来事ですが、現在、同じ事が起きていると感じるのは私だけでしょうか?

※参考文献「九州開道の師 妙寿日成貴尼伝」内藤壽学師著

 [TOP

勉強会目次へ